2019年01月07日

1月のワイン会~お席のご案内

Le 135
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI

* シュナン・ブランマルベック!*



新年最初のワイン会は、葡萄品種の飲み比べシリーズ!

フランスと南半球の名産地同士の同一品種ワインの飲み比べ!



赤ワインのテイスティングは、黒葡萄マルベック種!

フランス南西地方カオールとアルゼンチン、メンドーサの

トップ生産者の最新のマルベック種の赤ワインの

飲み比べをお楽しみください!


icon152 日時:
 1月20日 (日)昼の部 13:00~15:00
           夜の部 18:00 ~20:00
 1月24日 (木)夜の部 19:00~21:00・・・C1席空いてます
 1月26日 (土)夜の部 19:00~21:00・・・満席です
 1月27日 (日)昼の部 13:00~15:00
           夜の部 18:00~20:00・・・C2席空いてます
  *C・・・カウンター席、T・・・テーブル席  
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各10名様

icon152 ワイン:シュナン・ブランの白ワイン2種、マルベックの赤ワイン2種

icon152 料理:テリーヌテリーヌの料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:30Comments(0)ワイン会

2019年01月06日

SAKEの会~追加日程のご案内

Prive
wine-kai

Le 16e/19e Janvier 2019
SAKEの会
~第二回~
* しぼりたて新酒と燗酒 *

冬は搾りたての新酒の季節!

そして温かい燗のおサケが美味しい季節♪



新春のSAKEの会は、搾りたて新酒と燗酒を、

おサケによく合う冬の欧風料理とともに楽しんでみましょう♫



追加日程19日〔土〕をご案内させていただきます。

※開始時間が違ってますのでご注意ください。


【ご参加募集のご案内】

icon152 日時:1月16日(水) 19:00~21:30・・・終了しました
        19日(土) 18:30~21:00・・・2席空いてます
icon152 定員:12名様
icon152 日本酒:春鹿 活性にごり 生酒 本醸造 しろみき 【奈良】
      春鹿 純米吟醸 生 しぼりばな 【奈良】
      越つかの 純米酒 飛来 【新潟】
icon152 料理:ポ・ト・フ、他一皿
icon152 会費:4,860円 (消費税込)

icon83 お問い合わせ、お申込みはお電話で♫
092-534-5310

ご参加お待ちしております face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:30Comments(0)ワイン会

2018年12月20日

2019年1月のワイン会のご案内

Le 135
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI


新年最初のワイン会は、葡萄品種の飲み比べシリーズ!

フランスと南半球の名産地同士の同一品種ワインの飲み比べ!



フランス・ロワール地方ヴーヴレと

南アフリカ、パールの白葡萄シュナン・ブラン、

フランス南西地方カオールと

アルゼンチン、メンドーサの黒葡萄マルベック!

それぞれの葡萄品種のワインによく合うお料理とともにお楽しみください♪

* シュナン・ブランマルベック!*

icon152 日時:
 1月20日 (日)昼の部 13:00~15:00
           夜の部 18:00 ~20:00
 1月24日 (木)夜の部 19:00~21:00・・・C1席空いてます
 1月26日 (土)夜の部 19:00~21:00・・・満席です
 1月27日 (日)昼の部 13:00~15:00
           夜の部 18:00~20:00・・・C2席空いてます
  *C・・・カウンター席、T・・・テーブル席  
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各10名様

icon152 ワイン:シュナン・ブランの白ワイン2種、マルベックの赤ワイン2種

icon152 料理:テリーヌテリーヌの料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年12月19日

SAKEの会【第2回】しぼりたて新酒と燗酒

Prive
wine-kai

Le 16e Janvier 2019
SAKEの会
~第二回~

冬は搾りたての新酒の季節!

そして温かい燗のおサケが美味しい季節♪



新春のSAKEの会は、搾りたて新酒と燗酒を、

おサケによく合う冬の欧風料理とともに楽しんでみましょう♫

※画像は昨年の新酒です。

* しぼりたて新酒と燗酒 *

春鹿 活性にごり 生酒 本醸造 しろみき 【奈良】
春鹿 純米吟醸 生 しぼりばな 【奈良】
越つかさ 純米酒 飛来 【新潟】

※上記の日本酒は2019年1月上旬より販売いたします。

icon152 日時:1月16日(水) 19:00~21:30
icon152 定員:12名様
icon152 料理:ポ・ト・フ、他一皿
icon152 会費:4,860円 (消費税込)

icon83 お問い合わせ、お申込みはお電話で♫
092-534-5310

ご参加お待ちしております face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年12月09日

ワイン会レポート~2018年12月

Le 134
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI

2018 心に残ったワイン!



12月のワイン会全日程が終了しました!

多くのご参加ありがとうございました♫

2018年最後のワイン会のテーマは、

恒例の心に残ったワイン!

今年ワイン会でご紹介しきれなかった

心に残る美味しいワイン4種!

テリーヌテリーヌのクリスマスパーティー料理とともに

お楽しみいただきました!!



icon152 Zardetto Porta Monti Cano Rose Extra Dry
【産地】 伊ヴェネト州 【葡萄品種】ラボーソ・ヴェロネーゼ100%

イタリアの伝統的スプマンテの造り手ザルデットが、

革新的なスプマンテを目指し、

地元の土着品種ラボーソ・ヴェロネーゼを用いた意欲作。

美しいサーモンピンク、クリーミーな泡立ち!

イチゴのようなチャーミングな果実味!

泡までロゼ色の魅力的なスプマンテ!

クリスマスのテーブルにピッタリicon06



icon152 2017 San Marzano EDDA
【産地】 伊プーリア州 【葡萄品種】シャルドネ60% フィアーノ・ミニュトーロ20% モスカート15% 他5%

南イタリアの大ワイナリー、サン・マルツァーノが、

2014年から造る白ワインの傑作。

4回目のヴィンテージとなる2017年は、

大幅に使用葡萄品種が変更されました。

シャルドネ種の比率が85%から60%に下げられ、

土着品種の割合が高くなっています。

パイナップルのようなトロピカルな香り、

ボリューム感溢れる果実味と繊細な酸味!

まるでフルーツバスケットのような白ワイン♫

ますます魅力がアップしたEDDA

これからの進化が楽しみですicon14



icon1522011 Vina Falernia Alta Tierra Syrah Reserva
【産地】チリ/エルキ・ヴァレー 【葡萄品種】シラー100%

1998年、チリにて創立の新進気鋭のワイナリー、

ヴィーニャ・ファレルニアのフラッグ・シップ的赤ワイン。

同ワイナリーが所有する葡萄畑の

最も良い区画の葡萄のみで造られています。

ラズベリーを思わせる芳香!

熟れた果実、ジャムのような果実味。

渋味と酸味もしっかりしており、

ステーキやハンバーグ等、

重厚なお肉料理に合わせてみたい赤ワインです!



icon152 2015 La Atalaya del Camino
【産地】スペイン/アルマンサ 【葡萄品種】ガルナッチャ・ティントレラ85%、モナストレル15%

スペイン南東部ヴァレンシア州の赤ワイン専門の小さなボデガ。

葡萄畑は標高800~1000mの高地に存在し、

気温の寒暖差や害虫の侵入が無いという好条件を備えています。


※(株)稲葉HPより
icon152 使用するガルナッチャ・ティントレラ種は、

果皮だけでなく果肉も濃い紫色をしている珍しい黒葡萄です。

漆黒の色合い、深く落ち着いた香り!

果実の凝縮感が素晴らしく、

渋味、酸味とのバランスもバツグン!

アルコール感も高く、飲み応えがあります!

料理と合わせるもよし、ワインだけで楽しむのも良し!

幅広く楽しめる完成度の高い赤ワインです!






icon28 バーニャカウダ icon28

ロゼのスプマンテと白ワインに合わせた前菜!

アヒージョを応用した、オリジナルのバーニャカウダ・ソース!

小エビやマッシュルーム、お野菜がとっても美味しい icon06



icon28 自家製ソーセージとアリゴー icon28

テリーヌテリーヌの隠れ人気メニュー!

ジャガイモとチーズで作る伸び~る料理アリゴー!

本場パリのシェフから教わった本格レシピを応用!



icon28 今回はソーセージも仕込んでみました!



icon28 豚肉100%旨味タップリのソーセージに、

アリゴーをかけて(載せて?)食べる

仏アヴェロン地方の郷土料理ソシソン・アリゴー!

コクのあるフルボディーの赤ワインによく合います♫

パーティーのテーブルで盛り上がることマチガイナシ!




今年も1年間、ワイン会に多くのご参加をいただき、

ありがとうございました<(_ _)>

来年も増々、美味しい楽しいワイン会を

催していきたいと思います!

どうぞよろしく願いいたします face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 20:00Comments(0)ワイン会

2018年11月29日

プレミアムワイン会Vol.31~レポート

Prive
wine-kai

Le 28 Novembre 2018
PREMIUM WINE
~Vol.31~
* Cos d’Estournel *



今年最後のプレミアムワイン会のテーマはCh.コス・デストゥーネル!

先日開催の生産者セミナーへ参加し、

しっかり学んだ成果を披露しました!

セミナーの模様はicon76コチラをご覧ください!




icon152 2014 Cos d'Estournel Blanc
【A.O.C.】 ボルドー・ブラン 【葡萄品種】 ソーヴィニヨン・ブラン66% セミヨン34%

2005年から造られる白ワイン。

サンテステフ村からジロンド川を下った

グレ地区にソーヴィニヨン・ブランとセミヨンの畑を所有しています。

その面積はわずか2.3haで、生産量は極めて少量。

樽熟成による味付けを好まず、

葡萄の自然な風味を目指しています。

やや濃いめの色合い、柑橘系の爽やかな香り!

繊細な果実味と柔らかな酸味!

後味に感じるバターのような甘味が心地よい♫

メドック地区の白ワインのスタンダード的な存在です!



icon152 2014 Goulee by Cos d'Estournel
【A.O.C.】 オー・メドック 【葡萄品種】 メルロ78% カベルネ・ソーヴィニヨン18% カベルネ・フラン4%

同シャトーが2003年からリリースする新しいスタイルのボルドー・ルージュ!

白ワインと同じグレ地区に葡萄畑は存在し、

醸造は同じオーナーがオーメドック地区に所有するCh.マルビュゼにて、

コス・デストゥルネルの醸造チームが行っています。

初期はカベルネソーヴィニヨン比率が高かったですが、

現在はメルロが主体となっています。

以前2000年代後半をテイスティングした際は、

輪郭のハッキリとしたニューワールド的味わいでしたが、

近年のものは、複雑味がありエレガントな、

メドックのスタイルに近づいている気がします!

コンパクトに上手にまとまった上質なメドックの赤ワインです!

オー・ブリオン風のボトル形状は、

新しいスタイルのボルドー・ワインということを

アピールするため・・・だそうです。



icon152 2014 Les Pagodes de Cos
【A.O.C.】 サンテステフ 【葡萄品種】 メルロ60% カベルネ・ソーヴィニヨン40%

コス・デストゥルネルのセカンドワイン。

生産量はファーストワインとほぼ同量です。

84の区画の中で、比較的樹齢の若い区画の葡萄で造られています。

ワイン名のパゴダは東洋の仏塔を意味し、

同シャトーが東洋の建築様式を用いているところから付けられています。

香りの第一印象は、若いメルロの特徴である青っぽい生木の香り。

渋味と酸味はしっかりとしています。

果実味はやや閉じ気味、

開くのに相当な時間がかかり、

それでいて完全に開くことはありませんでした。

残ったワインを翌日テイスティングしてみようと思います!



icon152 2006 Cos d'Estournel
【A.O.C.】 サンテステフ 【葡萄品種】 カベルネ・ソーヴィニヨン78% メルロ18% カベルネ・フラン3%

格付けの見直しが行われた場合、

1級昇格間違いなしといわれる同シャトーのメインワイン。

葡萄畑はCh.ラフィット・ロートシルトに隣接し、

同シャトーでは唯一カベルネ・ソーヴィニヨンを主体に造られています。

優雅な芳香、深く美しい色合い!

とろりとした粘性の多い舌触り!

渋味、酸味はまろやかで、豊かな果実味に溶け込んでいます!

なめらかでスムーズな喉越し、長く恍惚感のある余韻!

スケールの大きな、まさにグラン・ヴァンです!



icon28 テリーヌ・ヴァリエ icon28

前菜はテリーヌのオールスター!

鴨とポークの田舎風パテ
エビとホタテのテリーヌ
若鶏とクルミのテリーヌ
テリーヌ・ド・ポー
野菜オムレツのテリーヌ
鶏パテとスパイスのテリーヌ
自家製スモークサーモン
プチキッシュ
南仏野菜のピクルス
オリーブのマリネ 
グジェール~ちいさなチーズシュー



icon28 アンガス牛のロティ icon28
きのこのバターソース


ボリューム感溢れる風味のコス・デストゥーネルに合わせて、

旨味タップリのアンガス牛のステーキを焼きました♫

きのことバター、そしてブランデーの風味のソースが、

お肉の旨味を引き立て、ワインに寄り添います icon06




ありがとうございました face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年11月26日

2018秋*デザートとデザートワインの会~レポート

Prive
wine-kai

Le 25 Novembre 2018
Desserts &
Dessert Wines

icon124  林檎  icon124
~リンゴのデザートとデザートワイン~




デザートとデザートワインの会”2018年秋!

今回のテーマは『林檎』 !!

青森の契約農家から仕入れた紅玉を使ったデザートを、

デザートワインとともにお楽しみいただきました♪


* Les Plât *



icon28 ヒナドリのロースト icon28

まずはお食事から♫

皮はパリパリ、身はジューシーに焼き上げたヒナドリ!

焼リンゴとバターのソースで♫



icon152 2015 Lame des Pierres Corbieres
【A.O.C.】コルビエール 【葡萄品種】グルナッシュ100%

ヒナドリのローストに合わせた赤ワイン!

南仏ラングドックの雄アルノー・シェによるコルビエール!

厚い果実味と引き締まった渋味と酸味!

バランスが良くフルボディでありながら滑らかな舌触り!

ロースト系から煮込みまで、

幅広いお肉料理に合う万能型赤ワインです!


* Avant desserts * 



icon124 タルト・タタン icon124

一皿目のデザートはリンゴ菓子の定番タルト・タタン!

1カットに一個分のリンゴの果肉を使ってます♪

お口の中はリンゴでイッパイ icon06



icon152 2016 Tenuta del Fant Moscato D'asti
【D.O.C.G.】モスカート・ダスティ 【葡萄品種】モスカート・ビアンコ100%

伊ピエモンテ州の甘口微発泡ワイン、 モスカート・ダスティ!

心地よい発泡とフレッシュな酸味、甘酸っぱい果実味!

アルコール度が5.5%と低く、

デザートワインのスタートにはピッタリ♫


* Grand desserts * 



icon124 アプフェルシュテューデル icon124

メインのデザートは、

オーストリアの代表的リンゴ菓子アプフェルシュテューデル!

薄く延ばした生地で、リンゴのフィリングを巻いて

オーブンで焼き上げます!



icon124 リンゴ、胡桃、レーズン、スポンジケーキを使ったフィリング!

生地はサクサク、中身はトロ~リ♫

焼き立てアツアツをお召し上がりいただきました♫



icon152 2016 Gomariz 12
【D.O.】リベイロ 【葡萄品種】トレイシャドゥーラ100%

スペイン西部の白ワインの銘産地、

ガリシア地方で造られる天然甘口ワイン!

凝縮した果実味、柔らかな酸味!

様々な甘味が詰まったアプフェルシュテューデルの風味を、

より引き立てる上質な甘口ワインです!


* Petits fours * 



icon124 リンゴのコンフィとグラスヴァニール icon124
キャラメル・ソース


珈琲や紅茶とともにプティフル!

ヴァニラアイスクリームに熱々のリンゴのコンフィをかけて、

仕上げはキャラメルソース!

リンゴづくしのデザートワイン会でした!

ありがとうございました face02
     


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年11月24日

12月のワイン会のご案内

Le 134
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI




今年最後のワイン会は、恒例の心に残ったワイン!

今年ワイン会でご紹介しきれなかった

心に残る美味しいワイン4種!

テリーヌテリーヌのクリスマスパーティー料理とともに

お楽しみください!!

2018 心に残ったワイン!

icon152 日時:
 12月 2日 (日)昼の部 13:00~15:00 終了しました
           夜の部 18:00 ~20:00 終了しました
 12月 6日 (木)夜の部 19:00~21:00 満席です
 12月 8日 (土)夜の部 19:00~21:00 カウンター1席空いてます
 12月 9日 (日)昼の部 13:00~15:00 満席です
           夜の部 18:00~20:00 カウンター1席空いてます  
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各10名様

icon152 ワイン:スパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン2種

icon152 料理:テリーヌテリーヌのクリスマスパーティー料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年11月23日

ワイン会レポート~2018年11月

Le 133
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI

* Beaujolais Nouveau *
~ 2018 ~
 



11月のワイン会全日程が終了しました!

ご参加ありがとうございました<(_ _)>

2010年代最高と言われる、

今年のボージョレー・ヌーヴォーの飲み比べを楽しみました♫



icon152 Louis Tete Macon-Villages Nouveau
【A.O.C.】 マコン・ヴィラージュ 【葡萄品種】シャルドネ100%

ルイ・テットは自社畑の葡萄と、

優良な契約農家からの葡萄で

ワイン造りを営む生産者件ネゴシアンです!

同ドメーヌが造るマコン・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、

通常はヴィレ・クレッセのAOCを名乗る最高品質です!

繊細な酸味と凝縮した果実味!

爽やかな舌触りとスムーズな喉越し!

白のヌーヴォーは美味しいですネ♫



icon152 Louis Tete Beaujolais-Villages Nouveau
Cuvee Centenaire

【A.O.C.】 ボージョレー・ヴィラージュ 【葡萄品種】ガメィ100%

ルイ・テットによる100年の樹齢の葡萄の樹から

収穫された葡萄のみで造る最高品質のヌーヴォー!

寿命により年々減少する古木を大切に栽培しています!

芳醇な香り、まろやかな口当たり!

今回テイスティングの3種の中では、

最も甘味があり、果実のボリューム感を感じます♫



icon152 Franck Cinquin Beaujolais-Villages Nouveau
【A.O.C.】 ボージョレー・ヴィラージュ 【葡萄品種】ガメィ100%

10月のワイン会にも登場したフランク・サンカンは

10のクリュ・ボージョレーのひとつ、レニエ村随一の造り手!

そのレニエ村の葡萄のみで造った、

まさにクリュ・ボージョレー・ヌーヴォー!

ヌーヴォーとは思えない心地よい渋味と酸味!

バランスの良い果実味と引き締まったボディ!

今回の人気№1ヌーヴォーです!



icon152 Domaine Chassagne Beaujolais-Villages Primeur
【A.O.C.】 ボージョレー・ヴィラージュ 【葡萄品種】ガメィ100%

ボージョレー地方において、

いち早く自然農法を取り入れたドメーヌ・シャサーニュ!

ワインを清澄、ろ過せずにボトリングして、

自然な果実味を味わってもらいたいと考えています!

色合いが濃く、果実の凝縮感に溢れています!


【テイスティング総評】

温暖化の影響でしょうか、

近年のボージョレーヌーヴォーは

年々果実味が増してきているようです!

全体的に色濃く、凝縮感タップリです!

特に格上のボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは完成度が高く、

ヌーヴォーであることを意識せず飲めてしまいます!

通常のボージョレーワインも楽しんでみたいですネ♫


icon28




icon28 スモークサーモンのブランダード icon28

前菜は南仏ニームの郷土料理ブランダード!

本来はバカラウと呼ばれる干し鱈とマッシュポテトを

混ぜ合わせたパテ状のお料理ですが、

今回はスモークサーモンで作ってみました!

しっかりと薫香を付けたサーモンを撹拌し、

マッシュポテトとともに練り上げました!

サーモンの香ばしい薫香と旨味、

ポテトの甘味がベストマッチ icon06

インゲン豆のパテも作って紅白に♫

赤白のヌーヴォー両方で楽しむことの出来る一皿です!



icon28 若鶏ささみのフリカッセ icon28

メイン料理は若鶏のささみを使ったフリカッセ!

フルーティな赤ワインと合わせるために、

スパイスをふんだんに使ってみました!

コリアンダーやクミンを用いてエキゾチックな風味に♫

天然レモンの酸味が心地よい♫

野趣あふれるボージョレーヌーヴォーに、とっても合ってます icon06




ありがとうございました face02

  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 20:00Comments(0)ワイン会

2018年11月13日

11月15日木曜日解禁!

Le 133
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI

* Beaujolais Nouveau *
~ 2018 ~


今週木曜日に迫ったボージョレーヌーヴォーの解禁日!

ボージョレーワイン委員会の発表では、

『今年の葡萄の成熟条件は理想的なものでした。

日照と暑さに恵まれ、生育期間中、果実はゆっくりと順調に熟し、

健全で糖分が高く、凝縮度の高い葡萄を収穫することができました。』

近年では2009年、2015年と並ぶ、

歴史的ヴィンテージになるとの予想!



販売用のヌーヴォーは予約で完売いたしましたが、

ヌーヴォーのワイン会は、お席は空いております!

グレートヴィンテージのボージョレーヌーヴォーを、

テリーヌテリーヌの料理とともに楽しんでみましょう♫

ボージョレーヌーヴォーの生産者の紹介はicon76コチラをご覧ください!

お席の空き状況はicon74下記をご覧ください!


icon152 日時:
 11月15日 (木)夜の部 19:00~21:00 解禁日 終了しました
 11月17日 (土)夜の部 19:00~21:00・・・終了しました
 11月18日 (日)昼の部 13:00~15:00・・・終了しました
           夜の部 18:00 ~20:00・・・終了しました
 11月23日 (祝)昼の部 13:00~15:00・・・満席になりました
          夜の部 18:00~20:00・・・テーブル4席空いてます   
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各12名様

icon152 ワイン:
Louis Tete Macon-Villages Nouveau
Louis Tete Beaujolais-Villages Nouveau Cuvee Centenaire
Franck Cinquin Beaujolais-Villages Nouveau
Domaine Chassagne Beaujolais-Villages Primeur

icon152 料理:テリーヌテリーヌの料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


icon152 11/28 プレミアムワイン会のご案内・・・2席空いてます
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年11月05日

プレミアムワイン会Vol.31のご案内

Prive
wine-kai

Le 28 Novembre 2018
PREMIUM WINE
~Vol.31~

メドック2級の最高峰といわれるCh.コス・デストゥーネル!

格付けの見直しが行われた場合、

1級昇格の最有力候補とされる

サンテステフ村の銘シャトー!



今年最後のプレミアムワイン会は、

Ch.コス・デストゥーネル全アイテムの飲み比べ!

直前の11月22日に開催されるCh.コス・デストゥーネルの

来日セミナーへは葡萄酒家ソムリエと、

テリーヌテリーヌ料理長も参加し、

その成果をワイン会でお見せしたいと思います♫


* Cos d’Estournel *

* Champagne *
Charles Ellner Qualite Extra Brut

* Vin Blanc *
2014 Cos d'Estournel Blanc

* Vin Rouge *
2014 Goulee by Cos d'Estournel
2014 Les Pagodes de Cos
2006 Cos d'Estournel

icon152 日時:11月28日(水) 19:00~21:30

icon152 定員:5~6名様 ※2席空いてます。
※ご参加が5名様未満の場合は延期になる場合がございます。
 予めご了承ください。

icon152 会費:5名様ご参加の場合 17,280円 (消費税込)
     6名様ご参加の場合 15,120円 (消費税込)  

icon83 お問い合わせ、お申込みはお電話で♫
092-534-5310

ご参加お待ちしております face02

  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年10月31日

SAKEの会【第一回】ひやおろし~レポート

Prive
wine-kai

Le 30 Octobre 2018
SAKEの会
~第一回~
ひやおろし


第一回目の日本酒の会、大好評で終了しました!

満席のご参加ありがとうございました<(_ _)>



全てワイングラスでお召し上がりいただきました!

香りを楽しむ吟醸酒は丸みのある赤ワイン用グラス!

味わいを楽しむ純米酒はストレートな白ワイン用グラス!

提供温度は吟醸酒12~13℃、純米酒17~18度!

それぞれの特徴を生かす温度設定でお試しいただきました!




べんてん山羽音 純米吟醸 ひやおろし
【産地】山形県 【酒造米】 出羽の里

天明8年(1788年)、創業者の初代後藤卯左衛門が

当地で酒造業をはじめるにあたり、

蔵近くで「辯財天」を祀っている奥津島神社から、

『辯天』を名乗ることを許されたことが起源となります。

以来、酒名を『べんてん』とし、

年一回仕込の高品質主義を貫いています。

心地よい吟醸香、キレのある酸味!

味わいは繊細で清涼感に溢れています!

北国のおサケらしい凛とした印象の銘酒です!



玉乃光 純米大吟醸 ひやおろし原酒
【産地】京都府 【酒造米】 備前雄町

初代中屋六左衛門が和歌山市寄合町にて、

紀州国紀州藩の第二代藩主、

徳川光貞(家康の孫)の免許で創業。

戦後、戦災を逃れ京都伏見に移転、

業界初の米100%の純米清酒の開発、雄町米の復活等、

酒造業界の発展に大いに寄与しました。

今回テイスティングは珍しい大吟醸のひやおろし!

リンゴやイチゴを思わせるフルーツ香、

なめらかな舌触りと、やわらかな味わい!

どこまでも繊細で、そして長い余韻!

伝統のある蔵だけに、味の安定感はバツグン!

安心して楽しむことが出来ます!



伊乎乃 特別純米 ひやおろし
【産地】新潟県 【酒造米】 魚沼産五百万石

『伊乎乃』とは、蔵元である高の井酒造が所在する

小千谷市を含む魚沼地域の昔の総称です。

この地域の特性(テロワール)を表現した酒造りを目指しています。

また、雪国の気候を利用した雪中貯蔵酒を、

初めて成功させた蔵としても有名です。

クリーミーなお米と麹の香り、深くコクのある味わい!

口当たりはまろやかで、長い余韻!

米処、日本酒処、新潟県らしい

完成度の高い味わいのひやおろしです!



庵 備前雄町 特別純米 ひやおろし
【産地】岡山県 【酒造米】 備前雄町

熊屋酒造は江戸中期1716年、

庵谷伊七により創業された酒造りに一筋の蔵元です。

蔵元の敷地内には水質の違う井戸があり、

硬水と軟水を調合した仕込み水を使った酒造りが特徴です。

最高品質の酒には、創業者の名前の一字を取り

『庵』と名付けられています。

この蔵の看板『備前雄町』を用いたひやおろし!

ヨーグルトを思わせるクリーミーな香り!

しっかりとした力強い味わいと深いコク!

繊細さと力強さを合わせ持つ逸品!

今回テイスティングの2種類の特別純米のひやおろしは、

どちらも高品質で個性的!

蔵元の酒造りの哲学や、生産地の特性を、

良く表現していると思います!


【テイスティング総評】

ワインほど差異の出にくい日本酒ですが、

飲み比べると、製法による違いがよく解ります。

今回は吟醸酒、純米酒とグループ分けしてテイスティングしたので、

それぞれの特徴がよく理解できました。

料理とのマリアージュでは、

様々な風味の前菜には、繊細な吟醸酒、

温かいメイン料理に旨味のある純米酒を合わせてみました!

日本酒に洋食的なアプローチがとても新鮮です!

温かい料理には燗付けできる日本酒がよく合う!

というのが葡萄酒家の持論!

今回は精米歩合の高い特別純米酒なので、

常温でいただきましたが、

燗を付けるなら、通常の純米酒を人肌燗(35度)がオススメ!

風味にふくらみが出て、米や麹の香りが引き立ちます!

吟醸酒は香りが強くなり過ぎる為、燗付けには不向き。

温度も含めて料理とのマリアージュを考えるのは楽しいですネ♫


icon28




icon28 海の幸,山の幸のオードブル・ヴァリエ icon28

ヤリイカとセロリのマリネ オレンジの風味
根菜のリヨン風
スモークサーモンのパイ仕立て
自家製オイルサーディン
ほうれん草としめじのテリーヌ
海老と帆立のテリーヌ

香り高く繊細な味わいの吟醸酒に合わせた前菜!

魚介と野菜で6種類の料理を作り、少しずつ盛り合わせました!

少し冷やした吟醸酒がより楽しくなるオードブルです!



icon28 鱸のポワレ 西京味噌のバターソース icon28

コクと深みのある味わいの純米酒に合わせたメイン料理!

皮はパリッと、身はふっくらとポワレしたスズキに、

西京味噌をアクセントにしたソース!

オニオンとバターをベースにして、

味噌が主張しすぎないように仕上げました!

魚の旨味を引出し、お酒と結びつける仲人のようなソースです!



icon28 きのこのリゾット icon28

〆の一品はきのこを使ったリゾット!

今回は食中にパンをお出ししないので、最後にご飯モノ!

普段洋食にはあまり使われない椎茸を主にしました!

秋の風味が心地よくただよう一皿です!




4種のひやおろしは店頭販売もしております!

秋の味覚をぜひお楽しみください♫

ありがとうございました !!

第2回SAKEの会は新春『搾りたて新酒』!

お楽しみに face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年10月26日

11月のワイン会のご案内

Le 133
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI


11月は新酒の季節!

収穫を祝い、今年のワインの出来栄えを占うヌーヴォー祭り!

今年はボージョレー地方の

小さな家族経営のドメーヌのヌーヴォーに

スポットを当ててみました!



樹齢100年を越える葡萄畑のヌーヴォーを造り続けるルイ・テット!

そして、そのルイ・テットが造るヴィレ・クレッセ村の

最高峰のマコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー!



10月のワイン会でも登場し、大好評いただいた、

レニエ村最高のクリュ・ボージョレーを作るフランク・サンカン!



ボージョレー地方でいち早く自然農法を取り入れたドメーヌ・シャサーニュ!

3人のヴィニュロンのこだわりのヌーヴォーを、

テリーヌテリーヌの料理とともにお楽しみください!!

* Beaujolais Nouveau *
~ 2018 ~

icon152 日時:
 11月15日 (木)夜の部 19:00~21:00 解禁日 終了しました
 11月17日 (土)夜の部 19:00~21:00・・・終了しました
 11月18日 (日)昼の部 13:00~15:00・・・終了しました
           夜の部 18:00 ~20:00・・・終了しました
 11月23日 (祝)昼の部 13:00~15:00・・・満席になりました
          夜の部 18:00~20:00・・・テーブル4席空いてます   
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各10名様

icon152 ワイン:
Louis Tete Macon-Villages Nouveau
Louis Tete Beaujolais-Villages Nouveau Cuvee Centenaire
Franck Cinquin Beaujolais-Villages Nouveau
Domaine Chassagne Beaujolais-Villages Primeur

icon152 料理:テリーヌテリーヌの料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年10月21日

ワイン会レポート~2018年10月

Le 132
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI

Le 11ème
Anniversaire !!




11周年記念のワイン会、全日程が終了しました!

多くのご参加ありがとうございました<(_ _)>

今回は、この秋、日本初上陸の

フランスワイン4種の飲み比べです!




icon152 Comtesse de Gramont Brut
【A.O.C.】 シャンパーニュ 【葡萄品種】ピノムニエ50% ピノノワール45% シャルドネ5%

コンテス・ド・グラモンは、シャンパーニュ地方における

ピノ・ノワール種の名産地モンターニュ・ド・ランスにて、

1895年創立の家族経営のメゾンです!

黒葡萄主体のコクのあるシャンパーニュ造りを得意としています!

美しい金色、繊細な泡立ち、優雅な香り!

果実味溢れ、深いコクのある味わい!

余韻は長くエレガント!

コスパも良く、これから秋冬にかけて

楽しめそうなシャンパーニュです♫



icon152 2016 Claude Lafond Le Clos du Château Valençay Blanc
【A.O.C.】 ヴァランセ 【葡萄品種】ソーヴィニヨン・ブラン85% シャルドネ15%

ロワール地方ルイィ村の白ワインの名手

クロード・ラフォンが造るヴァランセの白ワイン!

ヴァランセは隣接のシュヴェルニーとともに、AOCワインとしては、

ソーヴィニヨン・ブラン種とシャルドネ種の

ブレンドが認められている数少ない産地です!

爽快な柑橘系の香り、

厚い果実味と、きめ細やかな酸味!

ソーヴィニヨン・ブラン種の爽快さと、

シャルドネ種の果実味とボディを合わせ持つ傑作!

あまりの美味しさに、すでに完売!

来年1月の、2回目の輸入が待ち遠しい!



icon152 2016 Ch. des Eyssards Les Flanc
【A.O.C.】 ベルジュラック 【葡萄品種】カベルネ・フラン100%

シャトー・デ・ゼサールは南西地方、ボルドーに隣接する産地、

ベルジュラック地方最高の造り手です!

メルロ種の赤ワインが中心の産地で、

ゼサールもメルロ種を得意としていますが、

今秋、2016年が初ヴィンテージの

カベルネ・フラン種100%の赤ワインをリリースしました!

深い漆黒、力強い香り!

バランスが良く、渋味、酸味、果実味の見事な調和!

カベルネ・フラン種の赤ワインのイメージを覆す、

革新的な一本です!



icon152 2015 Franck Cinquin Regnie Macrinus
【A.O.C.】 ボージョレー 【葡萄品種】ガメィ100%

フランク・サンカンは高品質なボージョレーワインを産出する

レニエ村随一の造り手!

所有する葡萄畑の中で、栽培条件の

最も良いエリアの葡萄のみで造ったのがこのワイン!

極め付けのクリュ・ボージョレーです!

深く優雅な香り、美しい深紅、

しっかりとしたボディと暑い果実味、繊細な渋味と酸味!

まさにボージョレーのプルミエ・クリュ!

次回11月のワイン会では、

このフランク・サンカンのボージョレー・ヌーヴォーが、

登場予定です!お楽しみに♫


icon28




icon28 ほうれん草と蓮根のテリーヌ icon28

周年記念のワイン会の前菜は、恒例の新作テリーヌ!

今年は、旬に入ったほうれん草と蓮根を使った、

クリーミーなテリーヌを作ってみました♫



icon28 細かく刻んだほうれん草と、薄切りにした蓮根を、

レシピのテリーヌ用クリームに練り込んで

スチームをかけながら蒸し焼きにしました♫

焼き上がったら冷やし締め、

特製の国産グリーンレモンのドレッシングで

お召し上がりいただきます♫

ほうれん草の滋味、レンコンのシャキシャキ食感、

特製クリームの甘味と旨味、

鮮烈な酸味のレモンドレッシング!

全てが一体となったタマラナイ美味しさface05

シャンパーニュやロワールの白ワインにピッタリicon06




icon28 スペイン・ポークと焼林檎のミートパイ icon28

メイン料理はテリーヌテリーヌ名物ミートパイ!

お菓子のパイ生地を応用したパリパリサクサクの心地よい食感♫



icon28 中身はスペイン産の旨味タップリの豚肩ロース、

香ばしくソテーした焼林檎と、甘味タップリのオニオンソテー!

全てが一体となったタマラナイ美味しさ icon06

お肉はミンチではなく厚切りにしたので食べ応えアリマス!!

上質で果実味溢れるベルジュラックの赤と、

クリュ・ボージョレーにふさわしい料理です♫




ありがとうございました face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 20:00Comments(0)ワイン会

2018年10月16日

ひやおろし 【第一回】SAKEの会

Prive
wine-kai

Le 30 Octobre 2018
SAKEの会
~第一回~

秋の訪れを感じるお酒『ひやおろし』!

冬に仕込み、春に火入れ貯蔵、夏の間低温保存熟成、

そして空気がひんやりとする秋に出荷するひやおろし!



第一回目のSAKEの会は、日本各地のひやおろしと、

おサケによく合う秋の味覚の欧風料理を楽しんでみましょう!

* ひやおろし *

べんてん山羽音 純米吟醸 ひやおろし【山形】
伊乎乃 特別純米 ひやおろし 【新潟】
庵 備前雄町 特別純米 ひやおろし【岡山】
玉乃光 純米大吟醸 ひやおろし原酒【京都】

※上記のひやおろしは販売もしております。
お気軽にお問い合わせください。

icon152 日時:10月30日(火) 19:00~21:30
icon152 定員:12名様 ・・・満席になりました。
icon152 料理:おサケによく合う欧風料理
icon152 会費:4,860円 (消費税込)

icon83 お問い合わせ、お申込みはお電話で♫
092-534-5310

ご参加お待ちしております face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年10月10日

第一回SAKEの会〜ひやおろし

Prive
wine-kai

Le 30 Octobre 2018
SAKEの会
~第一回~

秋の訪れを感じるお酒『ひやおろし』!

冬に仕込み、春に火入れ貯蔵、夏の間低温保存熟成、

そして空気がひんやりとする秋に出荷するひやおろし!



第一回目のSAKEの会は、日本各地のひやおろしと、

おサケによく合う秋の味覚の欧風料理を楽しんでみましょう!

* ひやおろし *

玉乃光 純米大吟醸 ひやおろし原酒【京都】
べんてん山羽音 純米吟醸 ひやおろし【山形】
伊乎乃 特別純米 ひやおろし 【新潟】
庵 備前雄町 特別純米 ひやおろし【岡山】

※上記のひやおろしは販売もしております。
お気軽にお問い合わせください。

icon152 日時:10月30日(火) 19:00~21:30
icon152 定員:6名様 ・・・1席空いてます。
icon152 料理:おサケによく合う欧風料理
icon152 会費:4,860円 (消費税込)

icon83 お問い合わせ、お申込みはお電話で♫
092-534-5310

ご参加お待ちしております face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年10月03日

ワイン会のワイン

Le 132
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI

Le 11ème
Anniversaire !!


icon152 10月のワイン会のワインが揃いました!



icon152 テーマは、この秋、日本初輸入のフランスワイン4アイテム!

シャンパーニュ、ロワール、ベルジュラック、

そしてブルゴーニュの新着ワイン!



icon152 中でもイチオシは、ブルゴーニュ、

ボージョレー地方レニエ村の最有力作り手、

フランク・サンカンのプレステージュ・ワイン!



icon152 まさにボージョレーのプルミエ・クリュというべき

最高峰のクリュ・ボージョレーです!

お楽しみにface02

※現時点ではボージョレーにプルミエ・クリュは存在していません。

【ワイン会のご案内】

icon152 日時:
 10月14日 (日)昼の部 13:00~15:00・・・終了しました。
          夜の部 18:00 ~20:00・・・終了しました。
 10月18日 (木)夜の部 19:00~21:00
 10月20日 (土)夜の部 19:00~21:00
 10月21日 (日)昼の部 13:00~15:00
          夜の部 18:00~20:00  
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各10名様

icon152 ワイン:この秋新輸入のフランスワイン
    (シャンパーニュ、白ワイン、赤ワイン2種)

icon152 料理:テリーヌテリーヌの11周年記念料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 18:00Comments(0)ワイン会

2018年09月28日

10月のワイン会のご案内~11周年のワイン会

Le 132
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI


10月で11周年を迎えることが出来ます!

心より御礼申し上げます!



10月のワイン会のテーマは、

この秋、日本初輸入のフランスワイン4アイテム!



シャンパーニュ、ロワール、ベルジュラック、

そしてブルゴーニュの新着ワインを、

11周年記念の料理とともにお楽しみください!!

Le 11ème
Anniversaire !!

icon152 日時:
 10月14日 (日)昼の部 13:00~15:00
          夜の部 18:00 ~20:00
 10月18日 (木)夜の部 19:00~21:00
 10月20日 (土)夜の部 19:00~21:00
 10月21日 (日)昼の部 13:00~15:00
          夜の部 18:00~20:00  
  *ご都合の良い日時をお選び下さい!

icon152 定員:各10名様

icon152 ワイン:この秋新輸入のフランスワイン
    (シャンパーニュ、白ワイン、赤ワイン2種)

icon152 料理:テリーヌテリーヌの11周年記念料理
    (前菜,メイン料理,自家焼きパン)

icon152 会費:4,320円 (消費税8%込)

icon152 担当:浦川智範 (日本ソムリエ協会認定 ソムリエ)

icon152 お申し込み、お問い合わせはお電話でどうぞ・・・♪
icon83 092-534-5310 

ご参加お待ちしてます face02


icon59『オーナーへメッセージ』からのお申し込み、お問い合わせは
 行き違いを予防するため、ただ今控えさせていただいております。
 お電話のご利用をお願いいたします。
 ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

icon59 お申し込みの締め切りはワイン会当日の2日前17時です。
 締め切り以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。
 ご了承ください。  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)ワイン会

2018年09月27日

プレミアムワイン会Vol.30~レポート

Prive
wine-kai

Le 26 Septembre 2018
PREMIUM WINE
~Vol.30~
LOUIS REMY



30回目のプレミアムワイン会は、

ブルゴーニュ、モレ・サン・ドニ村の名家ルイ・レミーの、

グラン・クリュ、プルミエクリュの飲み比べを、

美味しい料理とともに楽しんでみました♫



ルイ・レミーは1821年、モレサンドニ村にて創立。

現当主のシャンタル・レミー氏は六代目です。

本拠地モレ・サン・ドニ村を中心に多くの葡萄畑を所有していましたが、

1989年に大半の畑をルロワに売却しました。

しかし、モレ・サン・ドニ村のグラン・クリュ『クロ・ド・ラ・ロシュ』、

隣接するミュジニー村のプルミエ・クリュ『デリエール・ラ・グランジュ』、

ジュヴレ・シャンベルタン村のグラン・クリュ『シャンベルタン』、

『ラトリシエール・シャベルタン』等の重要な畑は残してあり、

高品質少量生産のドメーヌへと生まれ変わりました。

クラシックなスタイルのブルゴーニュワインを志向しており、

新樽による熟成は極力控えた自然な風味を重要視しています。

『ブルゴーニュワインは熟成させてから飲む。』という信条の元、

生産量の30%は自家セラーで

飲み頃まで熟成させてから出荷しています。




icon152 Christian Bourmault
Cuvee Lettre a Terre Extra Brut

【AOC】 シャンパーニュ

アペリティフはシャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン。

シャンパーニュにおけるシャルドネの聖地コート・デ・ブランの

少量生産の小さなR.M.(レコルタン・マニピュラン)です。

元は1870年創立の葡萄栽培農家でしたが、

1981年5代目クリスチャン・ブルモー氏が、

シャンパーニュ・メゾンを設立しました。

高品質少量生産主義を貫き、

そのため常に品薄でフランス本国でも

入手困難なシャンパーニュとなっています。

得意のブラン・ドブランは完熟シャルドネを用い、

果実のボリューム感が際立つ

フルボディのシャンパーニュに仕上がっています!




icon152 2003 Morey-Saint-Denis Aux Cheseaux
【A.O.C.】 モレ・サンドニ

モレ・サン・ドニの銘醸オー・シェゾーの2003年!

この年のフランスは猛暑で、暑さの為、葡萄が過熟し、

ブルゴーニュは酸味が乏しいと言われていました。

しかし、上手な作り手は、この気温を利用し、

果実味の厚い、しっかりとしたワインを造り上げました!

ルイ・レミーもそのひとつで、

15年を経過していても力強さが失われず、

渋味、酸味、果実味のバランスの良いワインに仕上がっています!



icon152 2002 Chambolle-Musigny 1er Cru Derriere la Grange
【AOC】 シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ

ブルゴーニュの良作と言われる2002年の

シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ!

上記のオー・シェゾーよりも滑らかで繊細な印象!

香りも優雅で、口当たりはやさしく、スムースな喉越し!

今回テイスティング3種の中では、

最もしなやかなワインという印象を持ちました!



icon152 2001 Clos de la Roche
【AOC】 クロ・ド・ラ・ロシュ

モレ・サン・ドニ村のグラン・クリュでは、

最も広い畑の面積のクロ・ド・ラ・ロシュ!

優雅さと力強さが見事に調和した味わい!

香りは奥深く、芳醇!

渋味、酸味が果実味の中に溶け込んだ心地よい熟成感!

滑らかでありながら重厚!

グラン・クリュの本領発揮の一本です!


【テイスティング総評】

今回テイスティングしたルイ・レミーのワインは、

全て今年蔵出し出荷されたものです。

ドメーヌが保管していただけあってコンディションは最高!

コルクも健全な状態でした!

ブルゴーニュの中でも、

特にエレガントな赤ワインを産出すると言われる

モレ・サン・ドニ村とシャンボール・ミュジニー村!

熟成が進むと優雅さにより磨きがかかっています!

口に含んだ時の恍惚感は至福です!

このようなワインが健全な状態で保管されていることに、

大きな敬意を表したいと思います!


icon28




icon28 アヴォカドとサーモンのパルフェ icon28

ブラン・ド・ブランのシャンパーニュに合わせたアミューズ!

アヴォカドのペーストに国産レモンの果汁を加え、

自家製スモークサーモンをトッピング!

アヴォカドの甘味とレモンの酸味、

サーモンの塩旨味が絶妙にマッチ!

果実味溢れるシャンパーニュが更に美味しく感じますicon06



icon28 鴨の冷製 檸檬のドレッシング icon28

鴨胸肉のロティを冷製仕立てにしました!

フレッシュ野菜とレモンのドレッシングが、

鴨肉の旨味を引き立てます!

エレガントなブルゴーニュの赤ワインにピッタリな前菜です!



icon28 牛ロースのロティ ポートワインのソース icon28

脂身の少ない牛ロースを塊のままオーブン焼き!

ぶ厚く切り分けてお出ししました!

ソースはポートワインとオニオン・ブランをベースにして

バルサミコをアクセントに加えています!

お肉の旨味を上手に引き出しています!

熟成の進んだ上質なブルゴーニュワインに

ふさわしいメイン料理です!


ありがとうございました face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 16:00Comments(0)ワイン会

2018年09月23日

ワイン会レポート~2018年9月

Le 131
葡萄酒家&TerrineTerrine
WINE-KAI


アメリカ西海岸のワイン!



9月のワイン会全日程が終了しました!

多くのご参加ありがとうございました<(_ _)>

ワインと料理の紹介です!



icon152 2014 Efeste Evergreen Riesling
【A.V.A.】 ワシントン州/コロンビア・ヴァレー 【葡萄品種】 リースリング100%

ドイツのワイン造りの巨匠Dr.ローゼンが

リースリングの理想郷として目を付けたワシントン州。

ドイツからリースリング種の苗木が輸入され、

ワシントン州コロンビア・ヴァレーは世界的産地へと成長しました。

地元の小さなワイナリーだったエフエスティは、

このプロジェクトに参加した醸造家とともに、

ワシントン・リースリングの傑作を次々と生み出しています!

フレッシュで爽快な香り、凝縮した果実味とキレのある酸味!

完成度が高く、アルザスともモーゼルとも違う個性を持つ、

ワシントンのリースリングのお手本のようなワインです!



icon152 2016 Foris Gewurztraminer
【A.V.A.】 オレゴン州/ログ・ヴァレー 【葡萄品種】 ゲヴュルツトラミネール100%

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリーは、

1971年、オレゴン州の当時あまり知られていなかった

ログ・ヴァレーにて葡萄栽培農家として創立し、

1995年よりワインの醸造、元詰を開始しました。

オレゴンの気候に合うドイツ系白葡萄品種を得意とし、

クリアーで純度の高い白ワインを生み出しています。

ゲヴュルツトラミネール特有の花のような芳香、

凝縮した果実味と上質な酸味!

ゲヴュルツトラミネール愛好家も納得の一本です!



icon152 2015 Foris Pinot Noir Rogue Valley
【A.V.A.】 オレゴン州/ログ・ヴァレー 【葡萄品種】 ピノ・ノワール100%

ログ・ヴァレーは標高が450~480mと

オレゴン州の中でも特に高く、

冷涼な気候を生かしたピノノワールの栽培も得意としています。

明るく透明感のある色合い、優雅で爽やかな香り!

渋味と酸味が果実味の中に溶け込み一体となった味わい!

オレゴンのピノノワールらしい凝縮感があり、

ブルゴーニュのピノノワールとは一味違う個性を発揮しています!



icon152 2016 Delicato Family Gnarly Head Old Vine Zinfandel
【A.V.A.】 カリフォルニア州/ロダイ 【葡萄品種】 ジンファンデル85% プティシラー15%

デリカート・ファミリーは伊シチリアからの移民で、

三代に渡り、カリフォルニアでワイン造りを行っています。

サンフランシスコから北東へ約100㎞に位置する

ジンファンデル種の銘醸地ロダイに広大な葡萄畑を所有し、

アメリカで最もジンファンデル種の赤ワインを

生産・販売するワイナリーとして絶大な評価を得ています。

漆黒の色合い、熟れた果実の香り!

渋味と酸味はまろやか、甘味を感じるほどの果実のボリューム感!

カリフォルニアらしい明るくリッチな風味が持ち味です♫


【テイスティング総評】

リッチで果実味溢れるカリフォルニアワインに対し、

繊細でエレガントな印象を受けるオレゴン、ワシントンのワイン。

アメリカ西海岸エリアには、

あらゆる風味のワインが存在しているような印象を、

あらためて持ちました。


icon28




icon28 オータム・サラダ icon28

秋の味覚を散りばめたサラダ!

レッドリーフとグリーンリーフに、

素揚げしたサトイモとジャガイモ!

赤と黄色のビーツ、林檎と梨!

そして仕上げにカボスのドレッシング!

爽やかで旨味タップリ♫

ワシントン州のリースリング、

オレゴン州のゲヴュルツトラミネールの、

爽快で果実味溢れる白ワインにピッタリ!



icon28 完熟トマトソースのミートローフ icon28

今月のワイン会のメイン料理です!

お肉感たっぷりのミートローフ♫



icon28 中には真ん丸ゆでタマゴ!

赤ワインをふんだんに使ったトマトソースが

美味しさを引き立てます♫

果実味溢れる赤ワインにとてもよく合います!




ありがとうございました face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 20:00Comments(0)ワイン会