2018年04月17日

シュペートブルグンダー



icon152 ドイツではシュペートブルグンダーと呼ばれるピノ・ノワール。

近年、ドイツ産ピノ・ノールの品質が急上昇し、

世界の注目を集めています!

先月開催のプレミアムワイン会でも、

ブルゴーニュのプルミエ・クリュとの飲み比べで、

その品質の高さが評判となりました。



icon152 ドイツ最南端のワイン産地バーデン地方は、

フランス、アルザス地方に隣接し、

ブルゴーニュと同じ気候帯に属する

ドイツ国内では温暖な地方です。

その地理的条件を利用して、

シュペートブルグンダーのワインの生産が盛んです。



icon152 バーデン地方は、20世紀初頭までの約900年間、

バーデン大公国として独自の君主をいただく国でした。

ロイヤルファミリーのマルクグラフ・フォン・バーデン一族は、

君主としての役割を終えた現在でも

人々に尊敬の念とともに大変愛されており、

所有する城を使ってワイン造りを営んでいます。

※画像は現当主バンアード・プリンツ・フォン・バーデン殿下。



icon152 そのひとつシュロス・シュタイフェンベルク城に残る記録では、

882年にシュペートブルグンダーが栽培されていたという記載があり、

白ワインの生産が主体のドイツにおいて、

1000年以上にもわたりピノ・ノワールの銘醸地として存在していました。

長い歴史を誇り、更に成長を続けるドイツのピノ・ノワール!

ぜひ一度お試しください!


icon152 ワイン会後半のご案内はicon76コチラをご覧ください!
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 19:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2018年04月11日

ボックスボイテル



icon152 南ドイツ、フランケン地方のワイン瓶ボックスボイテル。

丸く平たい独特の形状をしています。

ドイツワインといえば細長いボトルをイメージしますが、

なぜフランケン地方だけこのカタチのボトルなのか・・・?

それは18世紀のお話、フランケン地方ビュルツブルクのワイン製造所が

当時出回っていた粗悪な安ワインと自身のワインの違いを訴えるため、

独特のボトル形状を採用したのが始まりと言われます。

ボックスボイテルとは『山羊の陰嚢』という意味で、

その昔、山羊の陰嚢を干したものを、

飲料の携帯袋として使用していたところ、

その形状が似ているため、

そう呼ばれるようになったとか・・・。

欧州各地に同様のボトルを使っているワイン産地がありますが、

1989年以降はEUの規定により、

フランケン地方のみに使用が許されています。(一部例外あり)

昔からワインの品質にこだわりを持つフランケン地方!

ワイン会では、3つの白葡萄品種のフランケンワインの飲み比べを、

お楽しみいただきたいと思います face02


icon152 ワイン会のご案内はicon76コチラをご覧ください!
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2018年02月08日

テイスティングセミナー



icon152 ワイン輸入元主催のテイスティングセミナーに参加しました!



icon152 南仏コスティエール・ド・ニームの代表的生産者、

マ・デ・ブレサド当主シリル・マレ氏が講師!



icon152 日本ではまだ知名度の低い産地、

コスティエール・ド・ニームを詳しく講義していただきました!



icon152 ローヌ地方、プロヴァンス地方、

ラングドック・ルーシヨン地方の

3つの生産地域にまたがる稀有な産地!



icon152 テイスティングは白2種、赤4種の計6アイテム!

どれも個性的で秀逸なワインです!

3月のワイン会でお召し上がりいただくため、

テイスティングコメントは控えておきます

ありがとうございました face02


PS



face01 ワイン造りを手伝うお子様たち♫
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 18:30Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2018年02月05日

ワイングラス



icon152 お店で赤ワイン用に使っているワイングラス!

ドイツ製のクリスタルガラスで、

カップの形状はブルゴーニュ型と呼ばれる丸く、

口が少し窄まっているタイプ!

容量は670ccと大ぶり、香りを存分に楽しみたい方にオススメ!

2月14日のブラインドテイスティングの会の商品もこのグラスセット!

店頭販売もしておりますので、

ご自宅用に、贈り物に、ぜひご利用ください♫
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 18:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話グロッサリー

2018年01月20日

ワイン会の予習

icon152 明日からスタートの1月のワイン会!

今回は葡萄品種がテーマなので少し予習!




icon152 まず白葡萄品種ソーヴィニヨン・ブラン!

フランス西部を原産とし、世界中で栽培されている人気白葡萄品種!

原産の仏ロワール地方とニュージーランドが特に名産!

フレッシュで爽快な果実味の白ワインが造られます!

もう一種は、黒葡萄品種シラー!

フランス中南部が原産とされています!

渋味、酸味が豊富でフルボディーの赤ワインが造られます!

北部ローヌとオーストラリアが有力な産地!

産地ごとの違いは実際に飲んでみて感じてください♫


ワイン会のご案内はicon76コチラをご覧ください!
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 21:35Comments(0)ワイン会★葡萄酒家のワイン話

2018年01月14日

アニゼット



icon116 年末年始をイタリアで過ごされたお客様のお土産!

アニスを原料としたリキュール、アニゼット!

南欧諸国で造られていますが、

これはイタリア産なので『アニゼッタ』と呼称されています!
(※アニゼットはフランス語表記)

セリ科の植物アニスの種子を主体に、

数種のハーブや香辛料を蒸留酒に漬け込み、

オレンジピール、シロップを加えて再び蒸留したお酒!



icon116 柔らかくミルキーな甘い香り!

トロリとした舌触り、ハーブと香辛料の複雑味のある味わい!

色合いは無色透明ですが・・・



icon116 水で割ると白濁するのが特徴!

炭酸で割ってアペリティフ(食前酒)に、

キリッと冷やしてディジェスティフ(食後酒)に♫
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:13Comments(0)★葡萄酒家のワイン話BAR BUDOUSHUYA

2017年12月28日

カリフォルニアのヴィンテージワイン



icon152 1997 Au Bon Climat Pinot Noir Isabelle

カリフォルニア産ピノノワール種の赤ワインの傑作!

昨夜の忘年会にて抜栓!

常連S氏のコレクションより!



icon152 ブルゴーニュでアンリ・ジャイエ氏に師事したジム・クレンデネン氏が、

カリフォルニア州南部サンタバーバラにて1982年創立!

カベルネソーヴィニヨン全盛の当時のカリフォルニアで、

ピノノワール種とシャルドネ種に特化したワイン造りを始めました!

このIsabelleというワインは、

彼が所有するいくつかあるピノノワールの畑から、

良質な葡萄を選別しブレンドしたもの!

ワイン名のイザベルは彼の愛娘の名前だそうです!



icon152 20年を経過していても色調は濃く、香りも豊か!

ほどよい熟成感を感じますが、ボディもしっかりしており

フレッシュな酸味と果実味も健在!

ブルゴーニュに例えるならポマールに近い・・・。

今年の締めに銘酒の御相伴にあずかり感謝!

ごちそうさまでした face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 12:37Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2017年10月26日

マグナム



icon152 11月のワイン会でお出しするワインが早くも入荷!

ファルネーゼが造るスプマンテ!

爽やかで果実味溢れる風味とともに、

丸くてかわいらしいボトルも魅力的!

ラベルにはスワロフスキーの

クリスタルビーズがあしらってありますicon97

右はマグナムサイズ!

迫力はありますが、かわいさは今ひとつ・・・face07

子猫とデカ猫のようなカンジ・・・icon188

大人数で楽しむパーティーでは盛り上がることマチガイナシ icon22


icon152 ワイン会のご案内はコチラをご覧ください!
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 19:55Comments(0)ワイン会★葡萄酒家のワイン話

2017年10月17日

ソムリエ協会セミナー



icon152 ソムリエ協会例会セミナーに参加しました。



icon152 テーマは『デカンテーションとエアレーション』。



icon152 講師は2007年世界最優秀ソムリエコンクール、

日本代表の佐藤陽一ソムリエ協会理事。

最前列で聴講しました。



icon152 実例を挙げたデキャンタージュの重要性の講義は、

とても興味深く勉強になります。



icon152 テイスティングはボルドーの赤2アイテム!

2012年と2006年のヴィンテージのものを、

デキャンタージュなしと、数十分経過したものを比較テイスティング。



icon152 ワインを空気に触れさせることによる香味の変化が、

比較試飲することによりよく解ります。

実際の営業では、予めワインの予約が入ってない限り、

ここまでのデキャンタージュをすることはないと思いますが、

ワイン会を開催する際の参考になりそうです face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 11:30Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2017年09月10日

葡萄酒家の私的ワイン話 【2017年9月10日】



icon152 先日のプレミアムワイン会で抜栓した1997Ch.オー・ブリオン!

私(葡萄酒家)が酒販店勤務時代の2000年に、

プリムール(初出荷)で入手したもの!

以来ずっと同じセラーで寝かせ続けて20年!

今年、抜栓してみようと年初から計画していました!

せっかくなのでセカンドワインや白ワイン等の、

オー・ブリオン・ファミリーと飲み比べてみることにしました!

セカンドのル・バーン・オー・ブリオンはすでに所有していたので、

白のオー・ブリオン・ブランを探してみたところ、

十数万円と価格が暴騰しており仕入れ不可・・・face07

そこでオー・ブリオン・ブランのセカンド、

プランティエール・デュ・オー・ブリオンを仕入れ

飲み比べてみました♫

テイスティング・レポートはicon76コチラをご覧ください!



icon152 Ch.オー・ブリオンは5大シャトーの中でも最も好きなワイン!

ワインコミック『神の雫』でその風味が、

東洋の寺院(?)のイメージで表現されていましたが、

落ち着いた荘厳な雰囲気は何となくわかる気がします!

(ちなみにラフィットはオーケストラのイメージだそうです。)

よく合うお肉料理とともにいただくのもイイですが、

このような偉大なワインは、

秋の夜長にゆっくりとワインだけ楽しむのもイイですネ face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 18:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2017年06月15日

夏の白ワインセットの入荷



icon152 好評販売中の夏の白ワインセット!

続々入荷中!!



icon152 6種の白ワインは個別に入荷して、

当店で箱詰めしています!



icon152 1本1本、破損や温度上昇による熱膨張の有無を

チェックしながら箱詰め!



icon152 最期に葡萄酒家のワイン解説を同封!



icon152 お渡しの日までセラーで保管してます!

ワインセットの内容はicon74コチラをご覧ください!

icon149 2017夏の白ワインセットのご案内

ご注文お待ちしております face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 15:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2017年05月27日

?????



icon152 昨夜、グラスでお出ししたスパークリングワイン・・・

白と思って注いだらナント!ロゼ・・・icon196

しまったicon10 ボトルをまちがえたか・・・face07



icon152 しかーし!ボトルは白のモノ・・・まちがってナイ!!

もとより、このスパークリングワインのロゼは仕入れていないicon59

1ケース(12本)仕入れて、抜栓した他のものは、

フツーに白のスパークリングワインでした・・・face08

※輸入元HPより

icon152 考えられるのは、ワイナリーがロゼのボトルに、

白用のラベルを貼ってしまい、

そのまま他の白と一緒に箱詰めされ、

出荷されたのではないか・・・。

非常にレアな出来事ですが、

オモシロイ体験でした face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 13:18Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2017年02月20日

ロゼワイン



icon152 世界的に人気急上昇のロゼワイン。

世界一のロゼ生産国フランスでは、ロゼの消費が白ワインを上回り、

ワイン全体の消費の20%超がロゼワインとなっているそうです。

ボルドーのトップシャトーでも試験的にロゼワインを造っている

というウワサを度々聞くほどです。


icon152 ロゼワインというと白ワインと赤ワインの中間、

という、とらえ方をされている方が多いようですが、

実際には少し色のついた白ワインと考えた方が

理解しやすいと思います。

黒葡萄を使用し、圧搾後、皮を果汁に漬け込み、

ほどよく色がついた頃合いに皮を引き上げ、

あとは白ワインと同様に醸造していきます。

色合いが美しく、口当たりも柔らかく、

やや甘口からしっかりとした辛口まで、

幅広い風味のロゼワインが存在し、

料理にも合わせやすいところから、

現在のロゼワイン人気につながっているようです♫


icon152 これまで葡萄酒家ワイン会でも、

何度かロゼワインは登場してきましたが、

ロゼワインをメインテーマにした会は、

まだ開催したことがありませんでした!

そこで3月はロゼワインをテーマにしたワイン会を

やってみたいと思います!

ボルドーとブルゴーニュのロゼの飲み比べや、

泡まで美しいロゼのスパークリングワイン・・・等々、

ロゼワインに合うお料理とともに楽しんでみましょう♫


icon152 3月のワイン会の詳細は2月のワイン会終了後に、

当ブログにてご案内いたします face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:44Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2017年01月09日

イタリアのオミヤゲ



icon152 毎年、年末年始をイタリアで過ごされるお客様から、

素敵なお土産をいただきました!

今回はトスカーナに滞在されたので、

同地の天然甘口ワイン『ヴィンサント』をいただきました!

収穫した葡萄を乾燥室で干し葡萄にして醸造を行う、

気候上の理由で貴腐ワインやアイスワインが造れない

イタリアならではの天然甘口ワイン!



icon152 ヴィンテージは2009年、デザートワインとしては、まだまだ若い方!

輪郭のハッキリした力強い甘味!

酸味は穏やかで、シンプルな味わい!

トスカーナの郷土菓子ビスコッティを浸しながら

ゆっくりと楽しんでみたいですネ face02
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 18:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2016年12月19日

和食とワイン



icon152 今年最後のソムリエ協会セミナー!



icon152 テーマは『和食とワイン』!



icon152 本日のワインリスト!

出汁、醤油、味噌との組み合わせにそれぞれ、

シャンパーニュ、マデイラ、レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ!



icon152 講師は、京都『木乃婦』高橋拓児氏と、



icon152 田崎信也ソムリエ協会会長!



icon152 お二方の対談形式でセミナーは進行!



icon152 昆布と鰹の出汁とシャパーニュ、

醤油とマデイラ、味噌とレチョートの味の成分を分析、

風味の一致点を探り、マリアージュを完成させる高度なセミナーでした!

もう少しカジュアルなマリアージュを想像していましたが、

科学的にかなりつっこんだ話になり、

非常に興味深かったです!

理系の方はより楽しめたカモ♫



icon152 最後にソムリエ協会北九州支部のご挨拶!

来年から、福岡・大分と佐賀・長崎に分割され、

よりエリアに密着した活動を進めていくそうです!
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:26Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2016年11月22日

ブルゴーニュで会いましょう~見どころ

icon152 ワインがテーマのフランス映画、

ブルゴーニュで会いましょう を観ました!

これから観る予定の方もいると思うので、

ストーリーは伏せておきます!

この映画の魅力のひとつは映像の美しさ!

空撮での葡萄畑の模様は圧巻です!



icon152 ブルゴーニュの名所が多く登場するのも見どころ!

ロマネコンティの畑前に立つ十字架!



icon152 シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョも大事な場面で登場!

いろいろな名所がさりげなくスクリーンに出てくるので、

あらかじめ予習していくと、より楽しめるカモ♫



icon152 葡萄栽培やワイン醸造の模様が、

リアルに描かれているが一番の見所でしょう!

華やかなイメージのワイン業界ですが、

その根本は農業であることがよく解ります!


【個人的感想】

ワイン造りの過程や専門用語、

業界のしくみを知らないと難解な部分も多いです。

ワインが好きで好きでタマラナイ方はぜひ観てください!

ワインがもっともっと好きになります!

すぐにでもブルゴーニュに行きたくなります♫

私的には邦題よりも原題の『Premiers crus』の方が好きです face02


※画像は葡萄酒家&テリーヌテリーヌのブルゴーニュ訪問記より。 
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 12:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2016年11月03日

1994 Ch.Margaux



icon152 1994 Ch.Margaux

1994年のシャトー・マルゴーを飲む機会に恵まれました!



icon152 保存状況は不明。

ラベルは経年劣化以上に破損が激しく、

ワインの状態に一抹の不安・・・。



icon152 心地よい熟成の香り、透明感のある澄んだ色合い!

全ての味の要素が溶け合って一体となった

熟成した高品質なボルドーワインならではの味わい!

ボトルの外観と違い、中のワインは健全に熟成していました!



icon152 ごちそうさまでした♫
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 18:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2016年09月14日

テイスティング・レポート 2016.8.29

icon152 先日の持ち寄りワイン会で飲んだワインのテイスティングコメントです!



icon152 Domaine Clos Saint Andre
1985 Chateauneuf-du-Pape “Clos Saint Andre”


17世紀から続くシャトー・ヌフ・デュ・パプの伝統的造り手!

除梗せずにコンクリートの醗酵槽で醸造、大樽で長期間熟成と、

頑なに伝統的製法を守り続けています!

1985年は傑出したヴィンテージとの高評価!

若いうちは渋味、酸味が強くゴリゴリとした筋肉質な同ワインですが、

30年の熟成を経て最高の状態に仕上がっていました!

優雅な熟成香、やさしいガーネット色、

渋味、酸味、果実味・・・等すべての味の要素が溶け合い一体に♫

舌触りもなめらかで熟成の極みです!




icon1522008 Domaine Forey Clos Vougeot

1840年創立のラ・ロマネの醸造責任者も務めるレジ・フォレ氏率いるドメーヌ!

ヴォーヌ・ロマネの1級 ゴーディショ(DRCは同畑をラ・ターシュに編入)を所有し、

ブルゴーニュの格になる重要な畑のワインを造っています!

2008年はブルゴーニュの隠れた

グレートヴィンテージと言われる長期熟成タイプ!

若々しい爽快な香り、やや濃いめの色調、

渋味や酸味、果実味をはっきりと感じ取れるほど活き々としています!

あと10年以上は熟成できる銘品です!




icon152 1989 Lou Dumont Bourgogne Hautes côtes de Beaune

ブルゴーニュで活躍する日本人ネゴシアン仲田氏のワイン!

ネゴシアンとはいえワインの選択や熟成等、卓越しています!

1989年のオート・コート・ボーヌはややピークを過ぎた感じでした!

少し褐色がかった色合い、わずかに感じるランシオ香、

若干枯れた感じがありますが、十分楽しむことは出来ました!
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 15:43Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2016年09月12日

シャブリの風景

icon152 今月のワイン会のテーマは、『シャブリ』!

世界的に有名なワイン産地ですが、

シャブリの街そのものは人口約2万5千人の小さな街!

その多くがワイン産業にかかわっているそうです。



icon152 シャブリのグラン・クリュの風景。

『円形劇場』と呼ばれるすり鉢状になった葡萄畑。

遠くに見えるのがシャブリの街。



icon152 名門ロン・デパキのグラン・クリュ・モノポール、

”ラ・ムトンヌ”からの眺め。



icon152 かなりの急斜面です。

葡萄の樹一本一本に凍結防止の電線が張られています。



icon152 夜明けのシャブリの街並み。

近代的な建物は見当たらず、フランスの素朴な田舎町といった風景。

趣のあるイイ街です。


icon152 ワイン会のご案内はコチラをご覧ください!

icon152 シャブリ訪問記① シャブリ訪問記②
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 14:00Comments(0)★葡萄酒家のワイン話

2015年05月16日

トカイワイン



icon152 2000 Patricius Tokji Aszu 5puttnyos

ハンガリーの極上のデザートワイン、トカイ!

仏ボルドーのソーテルヌ、独のトロッケンベーレンアウスレーゼと並ぶ

世界三大貴腐ワインのひとつ!

白葡萄品種フルミント種を主体にハールシュレヴェルー種、

イエローマスカット種をブレンドして作られます。




icon152 このトカイワイン、ラベルに3〜6の数字が表示してあります。

これは甘味の強さを表しており、 数字が大きくなるほど甘くなります。

この数字にはちゃんと根拠があります。

トカイ地方にプットニと呼ばれる約25㎏入りの伝統的葡萄籠があり、

136リットルの樽にプットニ何杯分の貴腐葡萄が使われているか

というのが甘さの単位となっています。

5杯の場合、5puttonyosと表示されます。

6が最高値、つまり6杯で樽一杯ということです!

近年、低品質のトカイを排除しようという取り決めが

生産者協議会で採択され、事実上3と4は廃止になる模様です。

個人的には最高値の6よりも5くらいの方が

甘さと酸味のバランスが良いように思えます♫
  


Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 14:04Comments(0)★葡萄酒家のワイン話