› 幸せなテーブル♫ ~美味しいワイン飲みたい!~ › ワイン会 › プレミアムワイン会Vol.32~レポート

2019年02月28日

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

Prive
wine-kai

Le 27e Février 2019
PREMIUM WINE
~Vol.32~

* Bollinger Rouge *

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

今年最初のプレミアムワイン会、

満席のご参加、ありがとうございました!

今回のテーマは、シャンパーニュの名門、

ボランジェ社が造る赤ワインと、

ブルゴーニュのグランクリュ、プルミエクリュの飲み比べ!


プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon152 Patrick Soutiran Rose Grand Cru
【A.O.C.】シャンパーニュ 【葡萄品種】シャルドネ、ピノ・ノワール

アペリティフはロゼのシャンパーニュ。

パトリック・スティランは、シャンパーニュにおける

ピノ・ノワール種の銘醸地アンボネ村にて創立。

グラン・クリュの葡萄のみを使用し、

高品質少量生産主義を貫いています。

ロゼ・シャンパーニュは、

グラン・クリュのシャルドネ種100%のリザーヴワインに、

コトー・シャンプノワをブレンドするという贅沢な造りです。

淡いサーモンピンクの色合い、

イチゴを思わせるチャーミングな香り。

クリーミーな泡立ちと柔らかな口当たり。

全体的に優しさを感じる風味。

早春にピッタリな繊細な味わいのシャンパーニュです。

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon152 2013 Bollinger Coteaux Champenois
La Côte Aux Enfants Aÿ Rouge

【A.O.C.】コトー・シャンプノワ 【葡萄品種】ピノ・ノワール100%

シャンパーニュの大御所ボランジェが造る赤ワイン。

コトー・シャンプノワはシャンパーニュ地方において、

赤、白、ロゼの非発泡性ワインのA.O.C.ですが、

シャンパーニュの需要が高まってきている近年では、

生産されない年もあるほど希少なワインです。

ボランジェのコトー・シャンプノワは、

ピノ・ノワールの銘産地アイ村のグラン・クリュ、

『ラ・コート・オー・アンファン』の葡萄を100%用いて造られます。

芳醇な香り、やや濃いめの色合い。

果実の凝縮感が際立ち、それを上質な渋味と酸味が支えています。

クラシックな造りとは対照的な、現代的でハッキリとした味わいです。

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon152 2008 Chistian Clerget Echézeaux
【A.O.C.】エシェゾー 【葡萄品種】ピノ・ノワール100%

クレルジェは代々ヴージョに本拠を置く家族経営のドメーヌ!

1990年代に現当主クリスティアンに引き継がれ、急速に品質が向上、

2000年代に入り、新世代のブルゴーニュの担い手の一人と

高評価を得るようになりました!

酸味がこなれ、熟成感が出始めています。

香り、味わいともに繊細で優雅。

複雑味もあり、余韻も長く心地よい。

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon152 2003 Cellier des Ursulines
Pommard 1er Cru Les Arvelet

【A.O.C.】ポマール・プルミエクリュ 【葡萄品種】ピノ・ノワール100%

ブルゴーニュ・ファンの注目を集めるセリエ・デ・ウルシュリーヌは、

ドメーヌのカーヴに眠る在庫を全量買い取ることで、

良質なワインを、良心的価格で販売する気鋭のネゴシアンです。

15年を経ていますが、ポマールらしい力強さは健在。

ほどよい熟成感と若々しさが同居する逸品です。

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon152 2012 Vincent Pinard
Sancerre Rouge Charlouise

【A.O.C.】サンセール 【葡萄品種】ピノ・ノワール100%

ロワール地方、サンセールは、

世界的なソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインの銘醸地ですが、

ピノ・ノワール種の赤ワインの名産地でもあります。

ピナール家は1780年から20代続く名門で、

現当主ヴァンサン・ピナールは赤ワインの専門家。

ブルゴーニュのプルミエ・クリュに匹敵する

サンセール・ルージュを造りだしています。

しっかりとした味の厚みを持つフルボディ。

今回の4アイテムの中では、ヴィンテージが若く、

良作な年の為あり最もパワフル。

価格もブルゴーニュのプルミエ・クリュと同等なので、

このクオリティの高さは納得です。


【テイスティング総評】

ボランジェ・ルージュが想像以上に

現代的な味わいだったことに驚きました。

ブルゴーニュよりも北にある産地ですがボディの厚みがあり、

渋味、酸味、果実味のバランスが素晴らしかったです。

ブルゴーニュの2本は、期待を裏切らない高品質。

エレガントさと複雑味のある味わいは、他の追従を許しません。

サンセール・ルージュの充実ぶりにも感嘆。

サンセールは、ロワール河最上流地域に存在し、

地理的にもブルゴーニュに近く、

今後、ピノ・ノワール種の赤ワインも注目したいですネ。


icon28


プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon28 Escargot icon28

前菜はブルゴーニュ名物エスカルゴ!

香ばしく焼き上がったガーリックバターの風味が、

食欲をそそります!

プレミアムワイン会Vol.32~レポート

icon28 Bœuf Bourguignon icon28
仔牛の赤ワイン煮


メイン料理は仔牛スネ肉の赤ワイン煮!

ブルゴーニュの郷土料理なので、

ピノ・ノワール種の赤ワインにピッタリ!

ワインが進みます♫


プレミアムワイン会Vol.32~レポート

ありがとうございました face02



同じカテゴリー(ワイン会)の記事画像
ワイン会【167】ご案内~2022年1月
ワイン会レポート~2021年12月
ワイン会【166】のご案内~2021年12月
ワイン会【165】レポート~2021年11月
ワイン会のご案内【165】2021年11月
ワイン会レポート~2021年10月
ワイン会【164】のご案内~2021年10月
9月のワイン会延期のお知らせ
9月のワイン会【予定】
ワイン会レポート~2021年7月
ワイン会の料理〜2021年7月
ワイン会のお席のご案内~2021年7月
ワイン会【163】のご案内~2021年7月
ワイン会レポート~2021年6月
6月のワイン会~日程変更
ワイン会【162】のご案内~2021年6月
ワイン会延期のお知らせ~2021年5月
ワイン会レポート~2021年4月
ワイン会のお席の状況~2021年4月
ワイン会【161】のご案内~2021年4月
同じカテゴリー(ワイン会)の記事
 ワイン会【167】ご案内~2022年1月 (2021-12-23 17:30)
 ワイン会レポート~2021年12月 (2021-12-12 17:30)
 ワイン会【166】のご案内~2021年12月 (2021-11-22 17:30)
 ワイン会【165】レポート~2021年11月 (2021-11-21 19:30)
 ワイン会のご案内【165】2021年11月 (2021-10-30 17:30)
 ワイン会レポート~2021年10月 (2021-10-29 17:30)
 ワイン会【164】のご案内~2021年10月 (2021-09-29 17:30)
 9月のワイン会延期のお知らせ (2021-09-13 17:30)
 9月のワイン会【予定】 (2021-08-23 17:30)
 ワイン会レポート~2021年7月 (2021-07-31 19:30)
 ワイン会の料理〜2021年7月 (2021-07-19 17:30)
 ワイン会のお席のご案内~2021年7月 (2021-07-15 17:30)
 ワイン会【163】のご案内~2021年7月 (2021-07-05 17:30)
 ワイン会レポート~2021年6月 (2021-07-04 17:30)
 6月のワイン会~日程変更 (2021-06-10 17:30)
 ワイン会【162】のご案内~2021年6月 (2021-05-19 17:30)
 ワイン会延期のお知らせ~2021年5月 (2021-05-10 17:30)
 ワイン会レポート~2021年4月 (2021-04-25 19:30)
 ワイン会のお席の状況~2021年4月 (2021-04-12 17:30)
 ワイン会【161】のご案内~2021年4月 (2021-03-29 17:30)

Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:30│Comments(0)ワイン会
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。