2020年09月23日

10月1日酒税法改正

10月1日より酒税法が改正となります。

今回の改正の目的は、

① ビール、発泡酒、第3のビールの酒税一本化、

② 同じ醸造酒である日本酒とワインの酒税差の是正です。

いずれも3段階で実施され、まず今年10月1日に一回目の増減税、

2023年に二回目、最終的に2026年に増減税が行われ、

①と②が達成される予定だそうです。

10月1日酒税法改正

WINE SHOP 葡萄酒家では、

①の取り扱いが無い為、

②についてお知らせいたします。

今回、ワインは1本(750ml)あたり約7.5円の増税、

日本酒は720mlあたり約7.2円の減税となります。

ワインの増税は10円未満ですので、

10月1日以降も、現在の店頭価格のまま販売いたします。

10月1日以降に新入荷したワインで、

輸入元からの仕入価格が変更になった場合のみ、

販売価格に反映させていただきます。

日本酒に関しましては、常設販売はしておらず、

ひやおろし等の季節酒をスポットで販売するのみなので、

従来通り、その時の蔵元からの仕入価格を元に、

販売価格を決定したいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。



同じカテゴリー(★葡萄酒家のワイン話)の記事画像
2001年
エラーラベル
再会のワイン!
ロベルト・サロット~テイスティング・セミナー
1982 Ch.カロン・セギュール
葡萄酒家の今年のTOP3!
イタリア土産
金曜日の赤ワイン
シャンパーニュ・セミナー
サン・テミリオン~予習
コルクの留め金
ワインセミナー
ワインの資格
シュペートブルグンダー
ボックスボイテル
テイスティングセミナー
ワイングラス
ワイン会の予習
アニゼット
カリフォルニアのヴィンテージワイン
同じカテゴリー(★葡萄酒家のワイン話)の記事
 2001年 (2021-11-26 17:30)
 エラーラベル (2021-01-25 15:30)
 再会のワイン! (2020-07-12 19:30)
 ロベルト・サロット~テイスティング・セミナー (2020-02-20 17:30)
 1982 Ch.カロン・セギュール (2020-01-16 17:30)
 葡萄酒家の今年のTOP3! (2019-12-29 18:30)
 イタリア土産 (2019-08-22 17:30)
 金曜日の赤ワイン (2019-05-23 17:30)
 シャンパーニュ・セミナー (2019-04-11 17:30)
 サン・テミリオン~予習 (2019-04-10 17:30)
 コルクの留め金 (2019-03-02 17:30)
 ワインセミナー (2018-11-22 19:00)
 ワインの資格 (2018-09-30 17:00)
 シュペートブルグンダー (2018-04-17 19:00)
 ボックスボイテル (2018-04-11 17:00)
 テイスティングセミナー (2018-02-08 18:30)
 ワイングラス (2018-02-05 18:00)
 ワイン会の予習 (2018-01-20 21:35)
 アニゼット (2018-01-14 17:13)
 カリフォルニアのヴィンテージワイン (2017-12-28 12:37)

Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:30│Comments(0)★葡萄酒家のワイン話
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。