2018年04月11日

ボックスボイテル

ボックスボイテル

icon152 南ドイツ、フランケン地方のワイン瓶ボックスボイテル。

丸く平たい独特の形状をしています。

ドイツワインといえば細長いボトルをイメージしますが、

なぜフランケン地方だけこのカタチのボトルなのか・・・?

それは18世紀のお話、フランケン地方ビュルツブルクのワイン製造所が

当時出回っていた粗悪な安ワインと自身のワインの違いを訴えるため、

独特のボトル形状を採用したのが始まりと言われます。

ボックスボイテルとは『山羊の陰嚢』という意味で、

その昔、山羊の陰嚢を干したものを、

飲料の携帯袋として使用していたところ、

その形状が似ているため、

そう呼ばれるようになったとか・・・。

欧州各地に同様のボトルを使っているワイン産地がありますが、

1989年以降はEUの規定により、

フランケン地方のみに使用が許されています。(一部例外あり)

昔からワインの品質にこだわりを持つフランケン地方!

ワイン会では、3つの白葡萄品種のフランケンワインの飲み比べを、

お楽しみいただきたいと思います face02


icon152 ワイン会のご案内はicon76コチラをご覧ください!



同じカテゴリー(★葡萄酒家のワイン話)の記事画像
2001年
エラーラベル
10月1日酒税法改正
再会のワイン!
ロベルト・サロット~テイスティング・セミナー
1982 Ch.カロン・セギュール
葡萄酒家の今年のTOP3!
イタリア土産
金曜日の赤ワイン
シャンパーニュ・セミナー
サン・テミリオン~予習
コルクの留め金
ワインセミナー
ワインの資格
シュペートブルグンダー
テイスティングセミナー
ワイングラス
ワイン会の予習
アニゼット
カリフォルニアのヴィンテージワイン
同じカテゴリー(★葡萄酒家のワイン話)の記事
 2001年 (2021-11-26 17:30)
 エラーラベル (2021-01-25 15:30)
 10月1日酒税法改正 (2020-09-23 17:30)
 再会のワイン! (2020-07-12 19:30)
 ロベルト・サロット~テイスティング・セミナー (2020-02-20 17:30)
 1982 Ch.カロン・セギュール (2020-01-16 17:30)
 葡萄酒家の今年のTOP3! (2019-12-29 18:30)
 イタリア土産 (2019-08-22 17:30)
 金曜日の赤ワイン (2019-05-23 17:30)
 シャンパーニュ・セミナー (2019-04-11 17:30)
 サン・テミリオン~予習 (2019-04-10 17:30)
 コルクの留め金 (2019-03-02 17:30)
 ワインセミナー (2018-11-22 19:00)
 ワインの資格 (2018-09-30 17:00)
 シュペートブルグンダー (2018-04-17 19:00)
 テイスティングセミナー (2018-02-08 18:30)
 ワイングラス (2018-02-05 18:00)
 ワイン会の予習 (2018-01-20 21:35)
 アニゼット (2018-01-14 17:13)
 カリフォルニアのヴィンテージワイン (2017-12-28 12:37)

Posted by 葡萄酒家とテリーヌテリーヌ at 17:00│Comments(0)★葡萄酒家のワイン話
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。